銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

News & Topics: 2010年5月

お酒と一緒に最高です。

news100530.jpg黒ツブ貝とマッシュルームのガーリック風味 ¥1,800

暑くなってきた今の季節にピッタリなメニューのご紹介です。
「黒ツブ貝とマッシュルームのガーリック風味」
暑くなってきたこの季節に食欲をそそるガーリックの良い香り。
ただこちらのメニュー、ガーリックの香りだけではございません。
他にパセリ・アーモンド・パン粉・白ワイン・バター・エシャロットを使用しておりますので、様々な香りをお楽しみ頂けます。
敢えてこれらの食材をほんのり焦がして提供するこちらの料理。
鉄のフライパンでご提供致します。
想像してみてください。上記食材がほんのり焦げた香りでテーブルに運ばれてきたときの、得も言えない良い香り。ワクワク感。
見た目で楽しい訳ではないですが、香りで楽しめます。香りでお客様の心を掴んで離さなくしてしまう、魅惑の料理です。
バターにこだわり、フランス産はブルゴーニュのバターを使用。
バターの風味も楽しんで頂きつつ、ツブ貝やマッシュルームの食感もお楽しみ頂けます。
こちらの料理はお酒とピッタリ合いますので、もちろんビールでも良し。
シャンパンや白ワインは文句なしに合います。
今の季節お酒がおいしくなってまいりました。アンテリブルが自信を持ってお勧めするお酒にピッタリのメニュー。是非お酒のお供に召し上がってみてはいかがでしょうか。

ハーモニー絶妙です。

ParisBrest.jpgデザート担当飯久保氏が一押しするデザートのご紹介です。
「パリブレスト」
シュー生地でクリームやフルーツを挟むデザート。アンテリブルの「パリブレスト」は通常のパリブレストとは違います。
本来シュー生地はふわっとしているのがスタンダードですが、敢えてカリッとさせています。
またクリームに至っても、アーモンドクリームやカスタードクリームを使うのが殆どであるこのデザート。当店ではピスタチオをふんだんに練りこんだクリームを使用しております。ピスタチオのクリームと聞くだけでどんなものか興味が湧いてくるお客さまもいらっしゃるのではないでしょうか。
もちろんそれだけではございません。ピスタチオを使用したクリームなので、甘さが気になる方もいらっしゃるかと思います。その甘さを和らげるために、少し酸味のあるイチゴをクリームと一緒にシュー生地に挟んでいます。クリームの甘さとイチゴの酸味が絶妙なハーモニーを奏でます。甘いものが苦手な方にも抵抗なくお召し上がり頂けます。
もちろんソースにもこだわっています。ソースはピスタチオと相性抜群のアマレットを使用。ソースにアマレットを使用したり、甘さを抑える工夫をしたり、全体的に大人味に仕上げております。大人の為のビストロに相応しいデザートと言えるのではないでしょうか。

飯久保氏のセンス溢れるデザートの数々。その中でも現在一押しの「パリブレスト」を是非メニューが変わってしまう前にお試しになられてはいかがでしょうか。

シャンパンがうまいです。しかもリーズナブル。

ch_maker_p2.jpgボランジェ・スペシャル・キュベ ・Glass¥1,500 ・Bottle¥8,600

アンテリブルが自信を持ってお出しする最高級シャンパーニュ「ボランジェ」のご紹介です。

ch_photo06.jpg「ボランジェ」は1829年ジャック・ボランジェによって造られ、その名を冠した名門シャンパーニュメゾンです。
オーク樽での発酵やカーヴでの長期に渡る熟成など、伝統的な醸造法によって支えられた製品の品質の高さにより世界的な名声を確立しております。1884年からは、英国王室御用達を拝命する稀少なメゾンの一つとなっております。
ランキングクラス入りをした63メゾンの内、最高の1位評価を獲得。毎年安定した高品質のシャンパーニュを製造するメゾンとして高い評価を得ています。

こちらの高品質なシャンパーニュがグラスで飲めること自体あまり無いことです。実際他のお店でグラスで出しているところを見たことある方は、殆どいらっしゃらないのでは無いでしょうか?
今や『007』のジェームス・ボンドが愛飲するシャンパーニュとして、有名になっているのは皆様ご存知でしょう。
「ボランジェ」は一言で表すとするならば男性的。スケールの大きい大物を彷彿とさせます。
色はやや濃い。泡立ちが良く芳香も強い。しっかりとした味わいが特徴です。
もちろんファーストドリンクとしてもお飲みいただけますが、前菜からメインまで通して飲み続けることも可能な力強い味わいです。
アンテリブルの男性的な、それでいて少し優しい料理にピッタリ合います。
暖かくなってきましたので、シャンパーニュがおいしく飲める季節になってまいりました。
是非「ボランジェ」とアンテリブル自慢の料理とのマリアージュ、いや結婚というよりもamitie(アミティエ)友情と表現した方が良いのかもしれません。普遍的な関係をお楽しみください。
暑さなど吹き飛ばしてくれること間違い無しです。

鴨がうまいです。

kamo.jpgフランス料理の定番ともいえるメニュー
「バルバリー種鴨胸肉のロースト 蜂蜜と黒胡椒のソース」
のご案内です。
どこのフレンチ系のお店にも必ずと言っていいほどメニューインしている鴨肉。ある意味そのお店の色が出ると言っても過言ではございません。
アンテリブルがご用意する鴨のローストは、フランスバルバリー種を使用しております。
当店のこだわりは、火入れ加減。火入れはシェフの腕の見せ所。シェフの仕事の丁寧さが光ります。
ソースは、蜂蜜・赤ワインビネガー・黒胡椒を使用した、ほんのりすっぱい甘めのソースをご用意しております。絶妙な焼き加減の鴨によくあいます。
アンテリブルの用意する、至極のブルゴーニュ赤ワインと合わせてお試しくださいませ。

バルバリー種鴨胸肉のロースト 蜂蜜と黒胡椒のソース ¥2,600