銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

舌平目最高です。

舌平目最高です。

news100715.jpg近海産舌平目のムニエル ¥2,800

夏メニューイチ押しのメイン、「近海産舌平目のムニエル」のご紹介です。
フランス料理ではお馴染であります舌平目のムニエル。旬を迎えたこの時期に、新メニューに加えました。舌平目はヨーロッパでは「魚の女王」と言われるほど珍重されているお魚で、フランス料理の中でも最高級に位置付けされています。魚料理が嫌いなヨーロッパ人でも、舌平目の料理は好きと言う人がいるくらいの人気です。
こちらの魚を定番の調理法であるムニエルに仕立てました。
シェフがこだわった点は、火加減。シェフの火加減の絶妙さ、こだわりは何度もご説明してきましたが、今回のポイントは骨離れが良いということ。火を通しすぎても、火入れが甘くても骨離れは悪くなりますので、絶妙なタイミングで仕上げております。
丸々1匹使用しているのもこだわりの一つ。
こちらの舌平目を、シェフ達がお客様の前で中骨を取らせて頂きます。温かい内にお客様に召し上がって頂く事を考えてのパフォーマンス。迅速かつ正確な作業がお客様の前で行われますので、話しかけるとシェフ達の気が散るのでは?お思いかと存じますがそんなことはございません。どうぞお気軽に話かけてください。
こちらをシェフ得意の焦がしバターソースにレモンを添えて。焦がしバターの仄かな香りとコク。レモンの酸味がアクセントになり、絶妙なソースに仕上がっております。淡白な白身魚にピッタリのソースです。
白身の魚ですので、白ワインや当店ハウスシャンパンのボランジェと共に召し上がってみてください。魚料理には白ワインやシャンパンが合うという事を、改めて実感して頂けるはずです。
今が旬なこちらのメニューを是非ご賞味下さいませ。あまりのうまさに、舌鼓を打たれることでしょう。