銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

News & Topics: 2010年8月

スタミナ料理です。

100826news.jpg牛ハツとミノのバルサミコソテー  ¥1,700

アンテリブルがご用意する、スタミナ料理のご紹介です。
あまり洋食で使われることがないホルモン。その中でもハツとミノを使用しております。
新鮮なハツとミノをソテー。
ソテーする際には、基本的にはガンっと火を通します。
萩原シェフの真骨頂である、火の通し加減。ホルモンに関しては良く火を通すほうがおいしいとのことから、ハツもミノもがっちり火を通します。香ばしくソテーされたハツとミノに添えるソースはバルサミコのソース。バルサミコにパンチェッタとエシャロットを加えて風味を付けています。パンチェッタの程よい塩加減と豚肉の旨味がソースにプラスされます。程よい酸味と旨味が、ハツとミノに良く合います。
またスタミナ料理とうたっていますので、スタミナ料理と聞けば、辛い料理を連想されるお客さまもいらっしゃると思います。こちらの料理にもアクセントとして辛みや苦みを付けています。辛みは唐辛子のパウダーを。苦味はパプリカパウダーを仕上げに振りかけています。辛みと苦みが一層食欲をそそらせます。
通常焼肉屋等でしか食する事がないお肉を、洋食にアレンジしたこちらの料理。意外かと思いますが、シェフが温菜の中で、一番お客様に召し上がって頂きたい料理です。もちろんスタミナを付けて欲しいという願いもありますが、それだけではなく、
味も文句なしにうまい。必ず満足して頂けると自負しております。
是非この猛暑を、アンテリブルがご用意するスタミナ料理を召し上がって頂き、乗りきって下さい。

クールダウンです。

news100823.jpgトウモロコシの冷製スープ ¥800

今年の猛暑を涼しくさせる、アンテリブルの冷製スープのご紹介です。
トウモロコシを使用した冷製スープ。トウモロコシはゴールドラッシュを使用しております。
ゴールドラッシュは生でも食べれるトウモロコシで、糖度が高いのが有名です。
質の高い甘さが、特徴であるこちらのトウモロコシをふんだんに使用しています。
本当にトウモロコシの旨味が凝縮されたスープですので、一口飲まれた際に、幸せな気分に浸れます。また、程よい甘さと冷たさが、食欲を刺激します。
アクセントにはクルトンが使用されることが多いのですが、当店では春雨を揚げた物を使用しております。意外な組み合わせだと思われるかもしれませんが、これが良く合います。
こちらの冷製スープを凍らせたグラスに注いでお客様にご提供いたします。
お店までの道のりで、火照った体をさますのに丁度良いのではないでしょうか?
まず良く冷えたビールやシャンパンで乾杯した後に、それでも少し暑さが残っている体を、こちらの冷製スープで完全にクールダウン。そこからアンテリブル自慢のお料理を楽しんで頂くという手順です。
いかがでしょうか?
程よい甘さや冷たさが、暑さに疲れた体や胃を優しく包み込みます。
アンテリブルにご来店された際の一皿目に、トウモロコシの冷製スープを是非ご賞味くださいませ。

懐かしい味です。

news100802.jpgリコッタチーズムースとココナッツのスープ ¥800

こちらのデザート、一言で言えばミルクです。何故?ミルク?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
リコッタチーズのムースはもちろん手作り。ミルク風味を強調しております。あっさりしたココナッツミルクは少し甘さを加えて。味の変化を付ける為に、緑茶ベースで花の香りのするジュレをスープに忍ばせています。このジュレの花の芳しい香りが、程良いアクセントになると共に、リラックス効果をもたらします。ココナッツミルクとハーブティーのジュレの爽やかさ、ムースの優しい柔らかさが相まって、不思議なほど、するっと召し上がって頂けます。
満腹のお客様でも、デザートは別腹とお言われるお客様にもお勧めの一品です。
こちらのデザートはまさにホッとすることが出来るデザートなのです。ホッとするだけでなく、優しい甘さや食感が日々の疲れを取ってくれます。一日の疲れを取ってくれるだけでなく、どこか懐かしさを感じ取って、ホッとして頂けるのではないでしょうか。
子供には理解できない、ある意味究極の大人のデザートです。