銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

スタミナ料理です。

スタミナ料理です。

100826news.jpg牛ハツとミノのバルサミコソテー  ¥1,700

アンテリブルがご用意する、スタミナ料理のご紹介です。
あまり洋食で使われることがないホルモン。その中でもハツとミノを使用しております。
新鮮なハツとミノをソテー。
ソテーする際には、基本的にはガンっと火を通します。
萩原シェフの真骨頂である、火の通し加減。ホルモンに関しては良く火を通すほうがおいしいとのことから、ハツもミノもがっちり火を通します。香ばしくソテーされたハツとミノに添えるソースはバルサミコのソース。バルサミコにパンチェッタとエシャロットを加えて風味を付けています。パンチェッタの程よい塩加減と豚肉の旨味がソースにプラスされます。程よい酸味と旨味が、ハツとミノに良く合います。
またスタミナ料理とうたっていますので、スタミナ料理と聞けば、辛い料理を連想されるお客さまもいらっしゃると思います。こちらの料理にもアクセントとして辛みや苦みを付けています。辛みは唐辛子のパウダーを。苦味はパプリカパウダーを仕上げに振りかけています。辛みと苦みが一層食欲をそそらせます。
通常焼肉屋等でしか食する事がないお肉を、洋食にアレンジしたこちらの料理。意外かと思いますが、シェフが温菜の中で、一番お客様に召し上がって頂きたい料理です。もちろんスタミナを付けて欲しいという願いもありますが、それだけではなく、
味も文句なしにうまい。必ず満足して頂けると自負しております。
是非この猛暑を、アンテリブルがご用意するスタミナ料理を召し上がって頂き、乗りきって下さい。