銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

News & Topics: 2011年11月

インパクトです。

news111118.jpg大山鶏骨付きもも肉のグリル マカロニグラタン添え ¥2,400

昨年の秋メニューでもご用意させて頂きました。
皆様よりご好評頂いており、リクエストの声が多かったので復活いたしました。大山鶏は鳥取県産の鶏肉です。その大山鶏の中でも限られた生産者しか名乗る事の出来ない、大山鶏匠という種類の鶏肉を使用しております。大山鶏の中でも、より旨味や甘み、ジューシー感が強い厳選された鶏肉でございます。そちらを骨付きのもも肉1本ご用意しております。
味だけではなく、見た目のボリューム感もご満足頂ける1品です。その鶏肉をシンプルにグリルして、お好みでマスタードを付けてお召し上がりいただきます。
備え付けにはマカロニグラタンをご用意。表面を焦がした、香ばしい1品です。マカロニグラタン単体でも、1皿を構成できる完成度の高さです。その二つが合わされば、見た目でお腹いっぱいになってしまうくらいのインパクトがあります。もちろん召し上がって頂くと、そのインパクトは更に強くなるはずです。あまりの旨さに、夢中になって食べてしまうお客様がほとんどです。
もうお酒の種類は問いません。ビールでもシャンパンでもワインでもなんでも合います。
このボリューム感を、旨さを体験してみてください。
虜になる事間違いなしです。

絶品の〆です。

news111102.jpg特製カツカレー ¥1,600

オープン当初よりずっと変わらずメニューに君臨しているスペシャルメニュー、「特製カツカレー」のご紹介です。

最近ではフレンチのビストロで様々な〆料理を目にしているかと思います。元々のコンセプトは男性のお客様がお一人でいらしてがつがつ食べてがつがつ飲んで帰る。そんなお店をイメージしていたのです。そこで〆はやっぱりがっちり食べれる物がいいという事で、カツカレーにしました。スペシャルと名打つだけあり、普通のカツカレーではありません。

まずカツは、群馬県産のブランド豚、もち豚を使用しています。もちもちした食感とお肉の旨味と甘みは、この豚特有のものです。カレーの具材の野菜は玉葱と人参。細かくみじん切りにしたものを使用しています。お肉は和牛の油とすじを。一度焦げ目がつくまで焼きあげ、使用しています。この具材に、スパイスはもちろん、赤ワインを使用し煮込みます。味を整えまろやかにするために、自家製フォンドヴォーを加えています。
カレーを担当している松本のイメージは、インドのスパイスを使ったフレンチの赤ワイン煮込みをイメージしているとの事。赤ワイン煮込みの隠し味として、赤ワインビネガーと蜂蜜も少々。カレーと言う料理をフレンチの手法を使ってオリジナルにアレンジしています。
和牛の油の甘みや野菜の甘み、フォンドヴォーのコク、赤ワインビネガーの酸味など様々な要素が一体となってアンテリブルのカレーを構成しております。

当店は前菜・メインとおいしいものばかりですので、なかなか最後の〆のカツカレーまでたどり着けるお客様が少ないですが、是非少しでもお腹に余裕がある際には、召し上がってみて下さい。
納得の旨さに、お腹が満腹で苦しくてもきっと満たされた気持ちになるはずです。