銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

食彩のコラボレーション with 長岡

食彩のコラボレーション with 長岡

nagaoka.jpg来る8月、アンテリブルでは新潟県長岡市とコラボレーションして
「長岡フェア」と銘打った彩りの味を展開します。

越後地方独特の情緒や文化に溢れ、豊かな自然と風土に囲まれた長岡は、
全国でも屈指の美味食材の産地として知られています。
市を上げての地消地産の活動は、近年東京の著名レストランとのコラボレーションにまで拡がっています。
今年は縁あってシェフ萩原自ら現地に赴き、市のプロモーションを視察。
8月の期間限定メニューでは、そんな長岡からの産地直送食材を
アンテリブルならではのおもてなしの心でご提供します。

お野菜なら「かぐらなんばん」「巾着なす」「糸ウリ」「さくらんぼトマト」。
魚介は「寺泊産岩ガキ」「天竜川アユ」「石鯛」。
そしてお肉は「山古志牛」。

カウンター越しには、シェフから食材秘話?なども飛び出すかもしれません。
フェア中は、お盆期間も休まずに営業します。
ぜひ、夏の涼味を味わいにいらしてください。

Text by Maki Ohno

(写真上から)

新潟寺泊産岩ガキ ワサビの香りとシトロンジュレ ¥1,200( 1ケ)

石鯛の生ハム〆と糸ウリとトマトの煮こごり ¥1,800

かぐらなんばんとトリッパのバスク風 ¥1,500

天竜川アユと巾着なすのガレット ¥1,800

山古志牛のグリル かぐらなんばんのタペナード ¥3,200

トマトのコンポートとヴェルベーヌのかき氷 ¥1,000