銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

冷んやりできます。

冷んやりできます。

news150710.jpgグリーントマトのガスパチョ マスタードのムースリーヌ添え ¥800

この時期にもってこいの1皿のご紹介です。

ガスパチョ。

冷たいスープです。
アンテリブルではグリーントマトと玉ねぎで仕上げております。
青々としたトマトは三温糖とフルールドセルでマリネします。
そうすることにより余分な水分がとれ凝縮した感じになり、塩味で味わいに一体感がでてきます。
玉ねぎはあえて使う量の半分は水にさらさず、程よく辛みを残しておきます。

下ごしらえをした後にミキサーに投入しますが、ここがシェフならではのアイデアです。

普通のミキサーではなく、お肉をミンチにするためのミキサーに投入します。

そのためカットは粗く少し形が残りますので、飲むというよりは食べるスープを意識して仕上げております。
レモン果汁、白ワインヴィネガー、イタリアンパセリのオイルで味を整え野菜の甘みと酸味が引き立つように。
マスタードの軽いムースも見事に馴染みます。
ジメジメとした暑い夏、食事のスタートに冷んやりさっぱりで始められてはいかがですか?

Text by Masayuki Sato