銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

News & Topics: 2016年2月

意外性というおいしさ。

news140226.jpg確かに不思議です。
フレンチビストロで餃子の文字。
キュイジニエが餃子の皮をせっせと包んでいる光景。

『栗と白レバーの焼き餃子』

リピートされるお客様が多いアンテリブルの洋風餃子は
生クリームと鶏ひき肉と混ぜ合わせて、なめらかな餡にして
そこにラム酒の香りをまとわせた栗を一緒に包んで焼き上げます。

豊かな香りがついた栗はかたさを残すことによって
餃子によい食感が加わり、そこがおいしさのポイントです。
さらに醤油がわりに煮詰めたバルサミコソースをご用意していますので、たっぷりつけてお召し上がりください。
箸休め的の位置付けと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。
意味は違うかもしれませんが、しっかり箸を用意しています。
ビストロで餃子、意外性を楽しむ演出です。

すこし遊び心のある1皿。
合わせるのはビールもよいですが、ここはやっぱりワインでどうでしょうか?
ぜひ1度ご賞味ください、美味しさに納得していただけるはずです。

Text by Masayuki Sato

ご存知ですか?

news160209.jpgアンテリブルでトリュフを思う存分楽しめることを。
トリュフ好きの方が驚くくらいに、たくさん削ってご提供しております。
今ですとトリュフのカルボナーラ、大人ハンバーグ、
そして岩手釜石の泳ぐ帆立のメニューにもふんだんにのせています。
オープンキッチンですので、「もっと削って」の声も快く歓迎です。

季節は春が近づきそろそろトリュフの入荷も一時お休みになります。
春の食材も待ち遠しいですが、この時期アンテリブルで黒トリュフの食べおさめはいかがですか?

2月16日・17日臨時休業のお知らせです。

いつもアンテリブルをご愛顧いただきありがとうございます。
まことに勝手ながら、2月は通常の日曜祝日の休日に加え
下記の日程お休みさせていただきます。

2月16日(火) 17日(水)