銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

News & Topics: 2016年10月

素晴らしい出会い

とある京都のイベントで扱うことになったのがきっかけで見つけた美味しい食材。
『京鴨』
イベントで京都?銀座のお店が?って思うかもしれませんが、ケータリングも承っておりますので、たまに遠征することもあったりします。
最近長くお休みしていたのはそういう事情でなんです。

国内外のいろいろな鴨肉を使ってきましたが、この『京鴨』も肉質、旨味、香りが素晴らしく肉厚です。
京都の山城農産さんのブランド鴨です。
チェリバレー種を孵化から精肉になるまで宇治、丹波にある農場で衛生面、飼育期間など、合鴨にとってストレスなく情熱を注いで飼育していらっしゃいます。
そのため、生産者のこだわりを感じ、どこかやさしく、上質の合鴨です。

その『京鴨』をさらに美味しくするのは、やっぱりキュイソン(火入れ)ですね。
中心は濃い赤肉の色がそのまま残るくらいの絶妙な焼き加減。さすがの一言です。
その合鴨に寄り添うソースは柚子のエイグル(aigle)ソース。
aigleは酸っぱい、舌を刺すという意味があります。
この時期のフルーツ洋梨を加え、甘酸っぱく仕上げまして『京鴨』の肉質にぴったりとはまり、最上の組み合わせです。

あと1ヶ月はメインとして黒板にオンメニューしていますので、ぜひ美味しい『京鴨』を味わいにいらしてくださいませ。

京鴨胸肉とジャンボ椎茸のロースト 柚子のエイグルソース ¥2,400

Text by Masayuki Sato

秋が香る

161010.jpgだんだんと陽も短くなり秋の気配を感じてきましたね。
肌寒くなるとボルドーワインが呑みたくなりませんか?

Château Cassagne Haut Canon La Truffière 2002
シャトー カサーニュ オー カノン ラ トリュフイエール 2002

名前にトリュフが入ってるいるので思わず買っちゃいました。
なんでも、ここの畑のまわり、ボルドーでも唯一自生の黒トリュフが採れることで有名なんだそうです。
メルロ50%カベルネ・ソーヴィニヨン25%カベルネフラン25%のバランスのとれた、ちょうど飲み頃の2002年ヴィンテージ。
熟成から得られた、キノコなどの優雅で複雑な香りが楽しめます。

ふんだんにトリュフを削った大人ハンバーグにぴったりなワインです。

他にもジロールやプルロット、松茸など香りのある秋の味覚をご用意しておりますので、深まる秋にアンテリブルでゆっくりワインと料理を楽しんでみませんか?

Text by Masayuki Sato