銀座で大人のビストロ料理を。カウンターで、個室で、ウェグナー/モーエンセン/ヘニングセンとイスにもこだわったフランス料理レストランです。

News & Topics: 2017年4月

ハマる人続出です。

170425.jpg【キャビア 10g ズワイガニ 根セロリのクリーム 1缶 ¥2,200- (1名様分)】

カラフルな缶いっぱいに詰まったキャビアに衝撃を受けていただけるはずです。
塩味、旨味が層になり爽やかなクリームと重なり最高の味わいです。
よく聞かれる塩辛いという先入観を捨てて、本物の美味しさを体感してください。
お客様への還元メニューとして原価度外視で、STURIA(ストゥーリア)のキャビアフェアを開催しております。

期間は5月31日(水)までです。
本物を知る鍵はアンテリブルにあります。
ぜひこの機会にお召し上がりにいらしてくださいませ。

*ご希望のお客様は前日までにお申し付けくださいませ。


STURIA(ストゥーリア)

仏Sturgeon(スタージョン)社の最高級レンジのブランドです。

スタージョン社は1980年後半より養殖キャビアを開始した先駆者であり、フランス最大のキャビアメーカーです。
現在フランス南西部アキテーヌ地方を流れるジロンド川沿いの池に6箇所ほど養殖場があり、卵の孵化→成魚→卵採取まで、環境や生態系のバランスに配慮しながら、自然環境に近い敷地を整備して、チョウザメにストレスを与えない環境で、生育し厳格な品質基準に基づいた一貫生産しております。
7〜8年掛けて育てたシベリアチョウザメは10kgほどになり、そこから1キロ程のキャビアが採取できます。
STURIAのフレッシュキャビアは塩分抑え目で、ソフトな舌触りで旨味が残ります。
その味わいは、フランスをはじめ世界中のトップシェフやミュシュラン星付きのレストランにも高く評されています。

春のおいしい1皿。

170410.jpg鰆のコンフィ カラスミのブールノワゼットソース ¥2,600


春の魚の代名詞ですね。
出世魚でも知られている鰆は脂がのって今食べていただきたい1皿です。

コンフィで下準備をした鰆の身はしっとりとしていて、
仕上げに軽く皮目をソテーをしてパリパリッと焼き上げて食感の妙をつけています。
ブールノワゼットとは、ブール=バター、ノワゼット=ヘーゼルナッツという意味で、ヘーゼルナッツのように香ばしくなるようにバターを褐色になるまで焦がしたソースです。
そこにカラスミを加えてねっとりとした食感もプラスして旨味のあるソースに仕上げています。

カラスミは珍味として広く知られていますので説明は省きますが、フランス料理ではなかなかメニューには登場しないのでは...
似てる食材といえばキャビアですかね。
キャビアと言ったら、結婚式やラグジュアリーなパーティーでちょこっと出てくる食材ってくらいで、アンテリブルでもそうそうメニューに登場しない代物です。
そんな最高級の食材をたっぷり食べてみたいものですね。

ちょっと話が逸れましたので鰆に戻します。
付け合せには抜群の相性のスモークしたジャガイモを並べ、香ばしさとスモークの2つの組み合わせが鰆の美味しさをさらに引き上げています。
美味しい旬の魚とふっくらしたボリューム感のあるシャルドネで春を楽しんでください。

そうそうキャビアの話はまた次回に。

5月臨時休業のお知らせです。

いつもアンテリブルをご愛顧いただきありがとうございます。
まことに勝手ながら、通常の日曜祝日の休日に加え、下記の日程お休みさせていただきます。

5月6日(土)

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。